日本人シーオーグメンバーのための「シーオーグの辞め方」

日本や海外にいる日本人シーオーグメンバーの方々のために、シーオーグの辞め方についてアドバイスしたいと思います。

私自身はシーオーグから離れたのは2011年であり、場所はANZOだったので、ベースのあるところによっては多少の違いがあるかもしれません。

ただ、サイエントロジーの組織は基本的にはポリシーを元にしていますから、今から離れたいという方にも十分に参考になると思います。

※「シーオーグ」とは何かを知るにはこちらをどうぞ→サイエントロジー・シーオーグとは?海軍のような宗教組織の実態

辞めるためのラウティング・フォームに乗ること

ご存知のように、サイエントロジー・オーグ内の様々な手順に対するラウティング・フォーム(※注:以下RFと略します。)というものが存在します。

辞める場合には、「Leaving Staff Routing Form(スタッフを辞めるためのラウティング・フォーム)」を使います。

基本的にこのフォームはHCOデパートメント1が管理しています。

ターミナルとしては、ラウティングオフィサー、HCOチーフ、レセプショニストなどになるでしょう。

辞めたいとオリジネートすれば、RFを始めてくれるはずです。

RFに乗せてもらえなかった場合

KSWにも「辞めたい人はさっさと辞めさせなさい」と書かれていますので、辞められないことはないはずです。

しかし、何らかの理由で、担当者があなたに辞めてほしくない場合、RFに乗せる前に話し合いでハンドルしようとするかもしれません。

そうなるとずるずる辞めるサイクルが引き延ばされます。

どうしてもサイクルが進まない場合は、HCOチーフや、HFAのターミナル(スーパーカーゴなど)にディスパッチを送ることをお勧めします。

それでも何も起こらなければ、「ブロー」という手段もあります。

「ブロー」に関しては、正直、完全にサイエントロジーと関係を断つ気持ちがなければやらないほうがよいでしょう。

どこまでも付きまとわれ、面倒くさいことになります。

しかし、「ブロー」しか手段がないこともあるでしょう。

特に、海外のオーグにいる場合は、パスポートなどを管理されていますから、ブローすら難しい、というケースもあると思います。

その時は、現地にある日本大使館や領事館に駆け込むという方法があります。

「カルト宗教にパスポートを取られて帰国できない」と訴えれば、助けてくれるはずです。

辞めるためのRFで何をするのか

最初のステップは、HASやHCOチーフのインタビューがあるはずです。

辞める理由を聞かれます。

迷わず、毅然とした態度で理由を述べてください。当たり前ですが、態度が揺れている(辞めようか?続けようか迷っている状態)であれば、何とか残そうとハンドリングしてくるからです。

さて、いずれにせよ、勉強やポストに関する単語クリアーとケースハンドリング、PTS関係を含むエシックスハンドリング、リービング・セクチェクとKRハンドリングを受けることになります。

いくら素早くセクチェッカーが準備できたとしても、1週間で終わるサイクルではありません。

RFの進行を管理するターミナルがいる場合、その人とのコムを絶やさずに、サイクルが進まなければ助けを求めるとよいでしょう。

(私の場合はセキュリティーでした。)

ちなみに、私自身の経験ですが、セクチェック、KRハンドリングが終わったとほぼ同時にベースから出されました。

辞めたい人は、彼らにとってはCI(カウンター・インテンション)の持ち主なので、早くベースから出したかったようです。

海外でしたので、日本に戻ることにしていましたが、当然ながらオーグは費用を出してくれませんので、自分が持っていたクレジットカードで航空チケットを購入しました。

RFが終わり、ベースから出た日の解放感は言葉に尽くせません。

まさに、「完全なる自由」を手に入れた気持ちでした。皮肉ですが、それが私にとっての真実でした。

以上、私の体験談を交えてご説明しました。

具体的にリービングで困っていることがあれば、こちらのフォームからメッセージを送ってください。わかる範囲でアドバイスします。

メッセージフォーム

 

 

 

コメントは受け付けていません。